ブログ全体の設定をする

ブログ名・METAの内容など、テーマ全体の設定を変更する手順について解説します。

ブログの設定画面を表示する


このテーマは、a-blog cmsにログインしているときは、常に画面最上部に「ブログの設定」ボタンが表示されています。


このテーマでは「メインコンテンツ」と「ブログ」が親・子として、ふたつのブログに別れています。最初は親から設定する必要があるため、ブログ以外のページでこのボタンをクリックしてください。


ブログの設定を変更する



ブログの設定画面となります。最初は「検索エンジンの設定」のみ表示されています。見出しをクリックすると、その他の設定を開くことができます。
左上の青い「保存」ボタンを押すと、設定が反映されます。

global がついている項目は、「ブログ(子ブログ)」では設定の必要はありません。グローバル設定についての解説は準備中です。

site2016 がついている項目は、公式テーマ「Site2016」との互換性があります。なお、Site2016の、このテーマにはない一部の項目(キーワード・サイトマップ・YouTubeIDなど)は、このテーマに変更した後も保持されています。

検索エンジンの設定

トップページのタイトル site2016

このブログのトップページのMETAタグ(title)を設定します。何も入力しなかった場合はシステム上のブログ名となります。

トップページの概要文 globalsite2016

このブログのトップページのMETAタグ(description)を設定します。何も入力しなかった場合はdescriptionは作成されません(検索エンジンがトップページの内容を自動抜粋します)。

検索エンジン - noindex site2016

チェックするとnoindexがhead要素の冒頭に挿入され、ブログ全体を検索エンジンにインデックスされないようにします。初期状態ではメインコンテンツ・ブログともチェックが入っています。公開時は必ずチェックを外してください。

SNS関連の設定



FacebookページのURL globalsite2016

FacebookページのURLをhttpsからのフルパスで入力してください。Facebookページプラグインが表示されるだけでなく、METAにarticle:publisherが指定され、ウェブサイトとFacebookページが関連付けられます。
参考:【2016年版】Facebook、Twitterに最適なOGP記述設定まとめ

Twitter ID globalsite2016

TwitterのアカウントIDを入力してください。Twitterのタイムラインが表示されるだけでなく、METAにTwitterカード関連の指定が追加され、ページやブログ記事がツイートされたときに詳細な情報を表示します。

Facebook アプリケーションID globalsite2016

FacebookのアプリケーションIDがあれば入力してください。最近はインサイト以外にあまり有効な用途がありませんが、いいね!やシェアされたときの投稿にアプリケーションに登録している名称(=サイト名など)が表示されます。

OGP画像 globalsite2016

OGP画像には、echoのブランドイメージが入っています。必ず変更、もしくは削除してください。この画像はトップページ・一覧ページ以外に、エントリー内に画像が一点もなかったときにも反映されます。画像サイズは1200ピクセルx628ピクセルを推薦します。

フォームの設定



この項目では、a-blog cmsの一部のグローバル変数を使用できます。取り扱いにご注意ください。また、変更した場合はメール本文に問題が起きていないか、必ず送信テストを行ってください。

入力画面の文章 global

入力画面の、フォームの直前に表示される文章を入力してください。すべてのHTMLタグが使用できます。

メールのヘッダ global

送信者に自動返信されるメールの冒頭の文章を入力してください。

メールフッタ global

送信者・管理者に自動返信されるメールの末尾の文章を入力してください。一般には署名となります。

その他の設定



Google Analytics globalsite2016

Google Analyticsを利用している場合は、解析用のタグをここに入力してください。head要素の最後尾に挿入されます。

  • この項目を使用せず、 /include/head.html を直接編集しても構いません。
Google Analytics View ID globalsite2016

ダッシュボードにGoogle Analyticsのグラフを表示したい場合は、ビューのIDを設定します。

Google Analytics API ClientID globalsite2016

「Google Analyticsランキング」モジュールなどを利用する場合は、Google Analytics APIのClient IDを設定します。

追加のHTMLヘッダ

HTMLヘッダの末尾にその他のアクセス解析などのコードを追加したい場合は、ここに入力してください。

  • この項目を使用せず、 /include/head.html を直接編集しても構いません。
  • メインコンテンツ(親ブログ)とブログ(子ブログ)では別となります。すべてのページに反映したい場合は、親・子両方の設定画面に入力してください。
  • この項目では、グローバル変数タッチモジュールなどのa-blog cmsのテンプレートタグも使用できます。取り扱いにご注意ください。

エントリー入力項目の設定



エントリーの新規追加・編集画面の入力項目の表示状態を設定できます。
高度な設定となりますので、よくわからない場合はそのままで構いませんが、各コンテンツで必要な項目のみ表示することで、更新担当者にわかりやすい編集画面を作ることができます。

  • このテーマ独自の設定となります。公式テーマなど、他のテーマには反映できません。
  • 入力内容がある状態で非表示になった項目は、非表示にした後も保持されています。
  • メインコンテンツ(親ブログ)とブログ(子ブログ)では別となります。すべてのページに反映したい場合は、親・子両方の設定画面に入力してください。
  • 「エントリータイトルを隠す」「SNSボタンを隠す」とは、実際のエントリー画面での表示を隠すのはなく、編集画面での選択を隠す(=常に表示する前提とする)という意味です。