レンタルサーバー・ホスティング事業を行うCPIは、2016年2月24日付で、共用レンタルサーバー・専用サーバーの「CMSインストーラー」のバージョンアップを行ったと発表した。
詳しい更新状況一覧は、下記リンク先を参照されたい。

NEWS|各種 CMS バージョンアップ、新規導入のお知らせ:レンタルサーバーなら【CPI】

マネージドプランのみであったconcrete5・Drupalがシェアードプランに追加された点、a-blog cmsが2.6となり、レイアウト機能が利用可能となった点が大きな変更と言える。

CPIは他のレンタルサーバーと仕様が異なる箇所が多く、手作業でのインストールはやや難易度が高くなっている。最新バージョンへの強いこだわりがなければ、インストーラーを利用した方が無難だろう。


ニュースの詳細はこちら

NEWS|各種 CMS バージョンアップ、新規導入のお知らせ:レンタルサーバーなら【CPI】

免責事項

当記事は掲載時点の内容であり、予告なく変更されている可能性があります。引用元の詳細ページで最新情報をご確認ください。
発表されたプレスリリースの一部となり、すべて掲載してはおりません。あらかじめご了承ください。
このコンテンツは、各CMSコミュニティの許諾を得て配信しています。詳しくはサイトポリシーを参照ください。