2016年1月15日付で、concrete5.7系の最新版 5.7.5.4 がリリースされた。
50点以上の機能の向上とバグ修正があり、開発元では最新版へのアップグレードを推薦している。

特筆すべき変更は以下の通り。

  • PHP7のサポート
  • YouTubeブロックがレスポンシブ対応
  • YouTubeブロックがプレイリスト表示に対応
  • 画像スライダーに多数のオプションが追加(順番変更の改良、表示秒数、切り替え速度、マウスオーバー時に停止の有無)
  • SEOパネル・一括SEO操作画面に文字数カウントを追加
  • アップロードできるイメージの大きさ、JPEGの圧縮率の設定を追加
  • 対応ブラウザであればアップロード前に画像を圧縮する機能を追加

ニュースの詳細はこちら

concrete5.7.5.4 リリースされました :: concrete5 Japan 日本語公式サイト

免責事項

当記事は掲載時点の内容であり、予告なく変更されている可能性があります。引用元の詳細ページで最新情報をご確認ください。
発表されたプレスリリースの一部となり、すべて掲載してはおりません。あらかじめご了承ください。
このコンテンツは、各CMSコミュニティの許諾を得て配信しています。詳しくはサイトポリシーを参照ください。