a-blog cms 2.7.xの対応について

2017年3月にリリースされた、a-blog cmsバージョン2.7に関する情報です。
バージョン2.7.1以前では、テーマのYAMLデータを正しくインポートできない不具合が発生していました。バージョン2.7.6以降の利用を強く推薦します。

アップデート時の不具合

バージョン2.6.x以前にecho_zeroを導入している状態で、2.7.x系にアップデートすると、トップページのtitle要素内に「<!-- BEGIN_IF [echo_zero for a-blog cms - デモサイト/nem] -->・・・」などと、IFブロックが書き出されてしまいます。

ブログカスタムフィールドのキャッシュ保存の仕様変更によると思われます。一旦「ブログの設定」へ移動し、カスタム設定を保存し直すと修正されます。

テーブルユニット

バージョン1.2.0以降は「テーブルユニット」に対応しています。表示サンプルは下記URLを参照ください。

テーブルユニット | ユニット一覧 | 解説資料 | echo_zeroデモサイト

下位バージョンとの互換性の関係で、インストール直後はテーブルユニットは使用できません。下記手順で有効化してください。



  1. 管理者アカウントでログインし、「管理ページ」へ移動する
  2. メインメニューから「コンフィグ」>「編集設定(ページ中段左)」へ移動する
  3. 「ユニット追加ボタン」の項目で追加ボタンを押し、「テーブル」ユニットを追加する
  4. ラベル名を「表」「表組み」などを入力し、保存する

ユニットの内容が表示されない場合



バージョン2.6.x系からアップデートした場合は、編集画面で、ユニットの内容が表示されないことがあります。

ブラウザの「開発者ツール」を起動し、Chromeであれば「Network」メニューの「Disable Cache」などを利用して、強制リロードを行ってください。

新規格のエクスポート・インポートについて

バージョン2.7.x系では、インポート機能のYAMLデータの規格が大幅に変更されました。

この仕様変更により、echo_zeroをインストールしたブログから、さらにデータのエクスポート・インポートを行うと、テストページ中の以下のコンテンツが崩れる現象を確認しています。本来の動作、モジュールID等は影響ありません。

  • 「テーブル」ユニットではなく「自由入力」ユニットで作成された表組
  • 「テキスト」ユニットの「引用」

なお、バージョン2.7.0以降では、管理ページ「ブログ」画面からのインポート機能が実装されました。

しかし、以下の理由から、echo_zeroでは対応の予定はありません。旧来の「メンテナンスメニュー」からのインポートを、引き続きご利用ください。

  • 「フォーム」に対応していない
  • 既存アーカイブとの重複を防ぐために、パスを変更している画像がリンク切れとなる